1. HOME >
  2. BLOG >
  3. 2018年03月
RSS

春休み

2018年03月31日
今日で3月もおしまいです。新3年の上田です。

この2週間は、冬合宿、団体戦、新人戦が終わって、ちょうど一息入れたくなるタイミングだったと思います。

この、何もしなかったらすぐにすぎてしまうような2週間を、僕はウィンドに費やしてみました。ほぼ毎日海に行きました。
ドライ→シーガル→水着と、着るものがどんどん薄くなっていき、夏の訪れを一人で勝手に感じたりしていました。

この2週間で、気温の変化以外で毎日海にいて気づいたことは、ウィンドは、やればやるだけ上手くなるということです。体は疲れ切っていましたが、出艇するたびに新しい発見がありました。

この2週間一緒に練習してくれたゆうた君に、何で毎日出れるんですか、と聞かれました。
僕も毎日ベッドから出るのはめんどくさいし、家にいるとなかなか海に行こうという気分にならない(10分で艇庫に着くにもかかわらず)日があります。そんな甘ったれた自分に何を言い聞かせていたかというと、小さな努力を重ねていった先にしか結果はついてこないという事です。

日々の積み重ねで、人は成長すると思います。頭の中では理解しているつもりです。
ですが、その1日1日の練習の成果はとても小さくわかりにくいものなので、出艇してもしなくてもどうせ何も変わらないんじゃないか。と思ってしまう自分がどこかにいます。
積み重ねた練習の成果が目に見えるようになるのは、ひたすらに小さな1日1日を繰り返し続けた先にしかないです。しかも結構先です。世知辛いです。
こんなことを考えながら1日1日を無駄にしないように一生懸命練習をしていました。気がつけばこの2週間はあっという間に終わってしまいました。

明日から、新年度が始まります。
4月も5月も気がつけばあっという間に終わってしまうと思います。
そのあっという間の中に小さな努力を積み重ねていきたいです。


とりあえず明日から新歓頑張りましょう!

伸び代100

2018年03月12日
53-11宮本裕太です。
先日新人戦が終わったので学連一年目をざっと振り返ってみます。

みんなより少し早くウィンドを始めて入部した4月。2年入部ということもあり目標は2年生たちでした。絶対に追いついてやりたいという強い思いを持ちウィンドモチベは全開でした。エキスパレースにもいくつか出て自分なりに成長を感じていました。今思うとマスパン漕げないのに伊勢湾の権利を取りに新舞子までマスパンレースをしに行った自分は自信過剰になっていました。

そして先輩たちを追いかけつつ初めて出たビギナーレース、ドリームカップ。優勝を期待して臨みましたが結果は4位。ウィンド歴が違うのに勝つことができず、とても悔しく恥ずかしかった表彰式を覚えています。
エキスパレースでは自分は挑戦者としての勢いで前の艇を追いかけるだけ、ビギナーレースでは走って当たり前のプレッシャーを感じながら走る。思うような結果を残すことができませんでしたが、この気持ちの違いを感じることができた大事なレースでした。

そのあと約半年間インドネシアに留学へ。インドネシアに行ってもウィンドに対する熱は冷めることはありませんでした。競技としてだけでなく現地の人たちとの交流のきっかけとしてもウィンドサーフィンを楽しむことができました。海外でもウィンドを通して多くの人と関わることができ、スポーツの素晴らしさを改めて感じることができました。
(留学は勉強のために行ったので、ウィンドをする機会はそこまでなかったと一応書いておきます。)

日本に戻ってきてからのラウンディングでは何回も同期に負けて悔しい気持ちもありましたが同期の努力と成長を感じることができてうれしかったです。新人戦が2ヶ月後に迫っていたのでとにかく海に足を運びました。頭が悪いぼくは早くなるにはとりあえず練習しかないと思っていました。練習量で留学の分を巻き返すんだ。
艇速が追いついてきたかなと思っていたのですが2月のプレ新人戦では新人戦への足切りギリギリの20位。走りたい思いと裏腹に結果は全くついてきませんでした。

レースで走るには練習量が全てじゃないとようやく気づき始めた僕は、スタートと海面について考えるようになりました。腐りかけていた自分でしたが先輩方の春合宿中のアドバイスのおかげでレース中の考え方を180度変えることができ、レースの楽しさを感じることができました。

つい先日あった新人戦ではまたも結果を残すことができませんでしたが、レース中のタクティクスを以前よりは考えられるようになりこの1年間やってきたことを出せた大会になりました。

こうやってこの一年を振り返って1番に思うことは「先輩方、1年間ありがとうございました!」
何度も何度も何度も平日出艇に付き合ってくださり、海面についても根気よく教えてくださり、そしてレース中の最高のサポートもしてくださって本当にありがとうございました!この1年の成長全てが一緒に練習をしてくれた先輩方のおかげだと思っています。レースで走って恩返しをすることができなかった悔しい1年でしたが来年こそは結果を出します。どうかこんな僕を見捨てずにまたよろしくお願いいたします。

同期へ。特に春合宿で3人のウィンドに対する気持ちと技術のレベルアップを目の当たりにして自分のやる気も上がりました。練習のモチベーションをくれてありがとう。このままチーム全体のレベルを上げていこう!!
そしていつもレース期間中のサポートありがとう!走れないことが多かったけどいつも支えくれて助かりました。4月からは1年生も入ってくるから頑張って教えていこう!

しばらくウィンド休みたいと思っていましたがこのブログを書いてるうちにバイブス上がってきました。
来年は先輩たちと同じレースで戦えます。一人でも多く食いに行きます。来年こそは輝きます。