本日 34 人 - 昨日 74 人 - 累計 181013 人 サイトマップ
RSS

新入生へ

2015年03月26日
こんにちは。高橋優介と申します。

寒かった冬も終わろうとし、由比ヶ浜も海草が繁って来ました。春がやってきてますね。

そして春と言えば、入学式!!!

早稲田大学に見事合格し、入学を決めた方!おめでとうございます!!近くにせまった大学生生活にドキドキしている方がほとんどでしょう。私も人一倍ドキドキしていたのが昨日のことのようです(笑)

そんな大学生生活の中でどんなサークルに入るかはこれからの大学生生活、これからの人生(多分…)においてとても重要なポイントになることでしょう。

ここまで書いてきてわけわからなくなってきました笑。何が言いたいかと言いますと、このブログを奇跡的に見てくれている新入生!!是非一回ウィンドサーフィンの試乗会に来ませんか? そしてともにウィンドサーフィンをしませんか???大学生生活がきっと充実することでしょう!

ウィンドサーフィン?知らない方も多いかと思いますが、一回由比ヶ浜に来てウィンドサーフィンというカッコよいスポーツを実際に体験してみませんか?きっと今まで体験したことのない楽しさがあなたを待っています。


試乗会は、4月5日から始まります。午前でも一日でも自由!!一回でも良いのでウィンドサーフィンやりましょう!!
気になった方は気軽に連絡ください!

新人戦(53−2)

2015年03月22日
どうもこんにちは、1年間でメガネ3本落とした佐藤昂紀です。

先日行われた新人戦の振り返りをしたいと思います。

全6レース中1本も満足に走ることができず、悔いの残る結果となりました。主な原因として、スタートを第1線で切れなかったことと、1線ではなくてもパンピングやタックで艇団から抜け出せなかったことが浮かびました。普段の練習を活かすことが出来ずすごく悔しかったです。


ですが、浜名湖合宿を通して鎌倉で練習していたときよりも確実に吹きで乗れるようになりました。また、レースの中で下りが上達したのを実感できたので、この3週間で大きく成長したと思います。
良い結果は報告できませんでしたが、この1年間イントラして下さった先輩方のおかげでここまで乗れるようになりました。本当にありがとうございました。


最後に、
これからの新歓でウインドの楽しさが伝えられるようにがんばります。



全くまとまりませんが以上です!

新人戦(53-12)

2015年03月21日
こんばんは。会計の高橋(53-12)です。

春合宿のうち3月17日から19日にかけてインカレ新人戦が行われました。17、18日ともに微風、19日は視界不良による中止により二日間で合計6レースが行われました。

結果からいうと90人中37位。もちろん満足のいく結果ではありませんでしたが、1上速報にのったり10位代を2本とれたりなど、これからにつなげられそうな走りをできたのは、2月の週4練習や合宿の成果なのかなと嬉しく思います。
そしてなにより、初の全国大会で雰囲気にのまれずに走れたことが嬉しかったです。

また今回の新人戦で走れなかったレースの原因(海面、スタートミス、艇速)をしっかり反省し、次回につなげられたらと思います。

そして今後はエキスパとしてレースに参加し技術研鑽に努力するとともに、チーム力の向上において少しでも力になれるように努めたいです。

Nセレ

2015年03月20日
3年の53-10田中です。

3/12~14に行われたNT選考レースで2位に入賞し、2015年度学連Natinal teamメンバーになりました。去年のNセレでせーらさんがNT入りを決め、それ以来ずっと意識していた大会でした。NTになって改めて工藤さん率いる前年度NTの偉大さを思い知り、少し不安になりましたが、今年も最高のNTを作れるように貢献したいです。いろんな人から言われましたが、とりあえずプリンセスがんばりますwww

どうか1年間よろしくお願いします。


あとですが、新歓前でだいぶ重いブログとなってしまいますが、団体戦について書きたいと思います。


本気で3位入賞を目指していた先日の団体戦は、まさかの11位。

「実力を出し切れなかった、吹けばもっと上の順位で走れたはずだ、・・・」

レース後、どうしても結果を受け入れられないがためにいろんな言い訳が頭に浮かんできました。

同じ艇庫で一番身近であった横国が団体6位入賞、くりが個人の部3位という信じられないような結果を残し、表彰式で「おめでとう!」と言いつつも、横国とここまで差が開いた原因は何だったのか、深く考えさせられました。
鎌倉でよく一緒に練習して、ライバル意識を持っていた上智も見事に準優勝。

横国も上智も、同じ鎌倉で練習している早稲田にとってとても身近な大学であるだけに、なんで自分たちは結果を出せなかったんだろう、違いはなんだったんだろうと自分なりに団体戦全般を振り返ってみました。
それは団体戦期間に入ってからの練習量や練習内容に問題があったんじゃなくて、自分がキャプテンをやっていた去年1年間全体を通してのチーム方針や雰囲気、団結力とか・・・そういう面で出遅れていた、劣っていたと感じるようになりました。具体的に思いついたのが、下級生のモチベーションを力ずくで上げようとしてしまったり、レース時の上級生・下級生のお互いのサポートができてなかったりとか、他にもいろいろあります。
「強くしたい。厳しくしたい。」という3年同期伊部、みずき、おれの思いが、結果的に空回りして、チームとして一番大切にしなくてはならんものを見落としてしまっていたのかもしれない、、そんな風に感じました。

とはいっても去年は去年でみんなで協力してがんばったし、そんなに自分たちを責める必要もないと思います。それに今年の団体戦期間の練習は、かずとさん、せーらさんを筆頭に立てて頂いた綿密な計画もあって、以前より明らかに内容の濃いものが出来ました。前年度の団体戦より成長できたと思える点がいくつもありました。かずとさん、せーらさんがどんな思いでこの団体戦に臨んでいたのかよく分かるだけに悔しい結果となりましたが、その思いは来年の団体戦で優勝して晴らします。

本戦中ずっと温かくサポートしてくれたゆうすけ、こーき、はやさか、さきありがとう。OB・OGの方々の多大なるご支援、ありがとうございました。

今年は4年生としてチームを支える立場にはなりますが、去年の自分たち3年が成功した点、失敗した点を後輩たちに伝えていけるように、これから1年間よろしく!

ということで、長くてまとまりのない文章を最後まで読んでくれてありがとうございました。